このページの本文へ移動

ひろしまかがり灯の祭典

開催案内

「原爆の日」の前夜を灯す「かがり灯」に、慰霊・鎮魂・平和への祈りを込めて、 愛・夢・共生を願う

日時
2017年8月5日(土曜日)18:30〜
場所
広島平和記念公園 原爆ドームそば元安川・親水テラス
観覧自由・無料公開・小雨決行

広島かがり灯の祭典ープログラムー

(プログラムの内容は、予告なく変更になる場合があります。)

18:30
オープニング・セレモニー
開会挨拶(名誉実行委員長)
ひろしま平和の歌『世界の命=広島の心』
かがり灯 点灯式
かがり灯コンサート・舞踊
かがり灯 消灯式
閉会挨拶(実行委員長)
21:00
終了

誕生と魅力・反響

戦後70年の節目である2015年(平成27年)8月28日、広島市の平和記念公園・原爆ドームそばの元安川で、初めて「かがり灯」(ウオーター・ファイア)の炎が燃えあがり、その幻想的な美しさを川面にうつしだしました。

集まった人々は、移りゆく歳月の重みを平和への祈りに込め、愛と希望を願ったのです。

その情景は、ツィッターやフェイスブック等のSNSでも注目され、話題となりました。

平和のシンボル

半世紀余りも炎を絶やさない「平和の灯」から採火した「かがり灯」。

国内外の数多くの志ある方々や、各種団体からも注目・支持を受け、第2回の昨年は、念願の「原爆の日」の前夜8月5日に開催いたしました。
他団体とのコラボも実現し、初回以上に大きな盛り上がりを見せました。

「かがり灯」は、広島の新たな『平和のシンボル』となりつつあります。

新聞の一面に掲載

多くのマスコミから取材を受け、読売新聞、毎日新聞などの第一面にも大きく掲載されました。