このページの本文へ移動

ひろしまかがり灯の祭典

プロジェクトの趣意

ひろしまかがり灯プロジェクトとは

戦後70年の節目の年、2015年4月 広島市内の集会所にて「志民会議」など多数の各種団体、市民らが集まり「100年後の広島をつくろう委員会」を発足いたしました。

広島の使命を果たし、世界の平和創造のしるべとなることを目的に立ち上げたのが「ひろしまかがり灯プロジェクト」なのです。

そのために、広島の新しい伝統行事として「ひろしまかがり灯の祭典」を平和の祭典として世界に発信してまいりたいと考えます。毎夏に継続することで、芸術や文化の向上を目指します。同時に、人や自然を守り育みながら将来は環境保護の世界の中心地となり、広島の観光、経済にも寄与することをこころざしてまいります。

「平和とは何か、未来をどう創るか、真の幸福とは何か」を求めて、多くの人々が学び、成長していくことが未来の希望へとつながると信じるものです。

趣意書

私たちは、被爆後70年の2015年に「ひろしまかがり灯プロジェクト」を立ち上げました。

原爆ドーム前の元安川に浮かぶ、かがり灯の幻想的な炎を前に、それぞれの思いに立って、これまでの歳月の重みを感じて頂きたいと考えました。

「かがり灯」の燃えさかる炎を見つめて、幽玄なムードの中で、さまざまな思いを託していただきたい!と心より願っております。

私たちは「かがり灯」の炎に、平和への祈りとして、原爆や戦争による死没者の慰霊・供養・追悼の意を込めました。また、平和創造としての希望・夢・勇気をも込めています。

この「ひろしまかがり灯プロジェクト」は、平和と慰霊のためばかりではなく、広島から世界に発信できる独自の伝統行事・文化・観光資源としても根付かせてまいります。そして、その数を増やし、日本のみならず世界の各地にリレーする大規模な「かがり灯祭典」をめざすのです。

100年後の広島を、祈りの地・平和創造のシンボルとして育てあげていく所存でございます。

どうか、多くの皆様のご理解をいただき、ご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

「ひろしまかがり灯プロジェクト実行委員会」

主催  100年後の広島を創ろう委員会

  • 名誉実行委員長  川村健一
  •                  
  • 代表  折笠廣司
  •                 
  • 実行委員長  高崎正博
  •                 
  • 副実行委員長  森山照子・赤崎帯子・伊藤さえみ
  •  

第2回の祭典の様子

点灯の瞬間
船でたいまつまで火を運ぶ
たいまつに点灯する様子